がんセンターの看護師求人に強い転職サイトは、どこ? がんセンターの看護師の記事一覧

がんセンターの看護師の面接で力を入れたい2つのポイント

がんセンターの看護師の面接では、どういう事に注意すれば良いのでしょうか?

社会人としてマナーのある振る舞いをし、自分の考えを自分の言葉でしっかりと話すことは大前提ですが、がんセンターの面接だからこそ力を入れたいポイントが2つあります。

がんセンターで働きたいけど、面接が不安という看護師さんは、これを読めば不安が解消するはずです!

がんセンターの看護師の面接は、採用の合否を大きく左右する!

がんセンターの看護師の面接は、採用の合否を大きく左右するものです。つまり、がんセンターに採用されたいなら、面接に失敗するわけにはいかないのです。

「一般の病院は採用試験が面接だけだから、面接が重要なのはわかる。でも、がんセンターの採用試験は小論文とか筆記試験があるから、面接の比重ってそんなに重くないんじゃない?」と思うかもしれません。

確かに、がんセンターの採用試験は面接のほかに小論文や筆記試験(適性検査)がありますので、面接の比重が100%というわけではありません。

でも、最終的に合否を決めるのは面接です。看護師は人柄が重要視される職業ですよね。特にがんの患者さんや家族はナーバスになっていることが多いですので、看護師の人柄は重要なんです。

また、がん医療・看護は日進月歩で進化していますので、がんセンターの看護師はやる気がなければいけません。

人柄ややる気は小論文や筆記試験ではなかなか判断できませんから、面接で判断することになります。小論文や筆記試験のできがどんなに良くても、面接に失敗すれば、即不採用になってしまうのです。

がんセンターの看護師の面接のポイント=がん看護への熱意をアピールする

がんセンターの看護師の面接のポイントの1つ目は、がん看護への熱意をアピールすることです。

がんセンターの採用試験の面接では、志望動機や前職の退職理由、看護観など面接で質問されることが予想されるものに対する答えを考えたり、明るくはきはきと答える、自分の言葉で伝えるなどの面接の基本は当然大切になります。

でも、これらのポイントはがんセンターでなくてもどの病院・クリニックでも共通するものですよね。がんセンターの面接では、特にがん看護への熱意をアピールしましょう。

なぜがん看護をやりたいのか、どんながん看護をしたいのかをきちんと述べましょう。

ただ単に「がん看護がやりたいのでがんセンターを志望しました」と述べるよりも、「○○の理由があってがん看護を専門にしたいと思い志望しました。特に、放射線療法看護(それ以外でももちろんOK)を深めたいと思っています」のように述べたほうが、より熱意が伝わりますね。

さらに、自分から積極的に学び深めたいことやスキルアップしたいこと、将来的には認定看護師を目指すことも視野に入れていること(具体的な認定分野が決まっているとさらに良し!)を述べると、パーフェクトです!

どうしてもがん看護がやりたい、そして自分自身がやりたいがん看護は他の病院ではダメで、がんセンターでなくてはできないことを面接でアピールすれば、がんセンターの採用に大きく近づくはずです。

がんセンターの看護師の面接のポイント=公務員試験を意識した服装を

がんセンターの看護師の面接のポイント、2つ目は公務員試験を意識した服装をすることです。がんセンターは県立病院や元国立病院、元県立病院になりますので、公務員またはそれに近い身分になります。

そのため、「社会人としての常識」が身についているかどうかは非常に大きなポイントになります。

看護師の職場の中には明るい茶髪で、メイクもバッチリで働いてもOKという職場もありますが、がんセンターはそのような外見の看護師はNGになります。

ですから、面接では紺やグレーなどの落ち着いた色のスーツに白のブラウスを着用し、髪の毛は地毛の色か「染めてるかどうかわからないくらいのダークブラウン」程度の色に染め直し、長い髪の毛は1つにすっきりとまとめ、メイクはナチュラルメイクにしてください。

「派手ではなく地味」、「華やかさよりも清潔感」が求められます。「私は外見ではなく中身で勝負!」と思うかもしれませんが、第一印象は外見で決まります。

そして、その第一印象は面接が終了するまで面接官の頭の中に残りますので、どんなに面接で良い答えをしても、第一印象に失敗すれば、「良い答えだけど、外見ががんセンターに向かないんだよな」と思われますので、服装にも十分に注意してくださいね。

まとめ

がんセンターの看護師の面接では、がん看護への熱意を具体的にアピールし、公務員の身分になる(またはそれに近い)ことを意識した服装で面接に臨みましょう。

がんセンターの面接に自信がないという人は、転職サイトを利用すると良いですよ!

転職サイトなら、がんセンターの求人を扱っているだけではなく、転職サポートのプロである担当者が面接のアドバイスをしてくれますので、がんセンターの採用に大きく近づくのです。

がんセンターの看護師求人に強い転職サイトは、どこ? がんセンターの看護師の記事一覧

転職サイトランキングを見る